FC2ブログ
でも、不特定多数ではありません。しっかりと心の繋がった特定の相手を神の舌で舐め続けるのです(^^)v
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
181.jpg



私は葵の片足を持ち上げ、椅子に足を乗せた。
そして、足の付け根をゆっくりと舐めながら移動する。

「うっ・・・あぁ・・・・」

つま先の角度を開かせると、連動して膝も開き、舐めやすい格好となる。
しかし、まだクリトリスも蜜壺も舐めない。

すこしずつ、ゆっくりとした速度で、陰毛の生え際から股の付け根を往復する。

葵の蜜壺は、白く練られた様な愛液がべっちょりとまとわりついている。

私はわざと花びらをかすめるように舌を這わせる。


「っあぁ~~~~・・・・」

「はぁぁ・・はぁぁ・・・」
息づかいが次第に荒くなってきた。

右側の花びらを舌の先端で舐めてみる。

「あっ・・・いい・・・いいわぁ・・・」
私の頭を抱えたまま、葵は感じてくれている。

優しく花びらを舐め続けると、愛液が垂直に立っている方の太股を伝わって来た。

その愛液を指にすくい、クリトリスに擦り付けるように指を添えた。

「ぁあぁぁん・・・あぁ・・・・あっ・・・」


つづく
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://108dragon.blog73.fc2.com/tb.php/92-679a69a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。